診療内容

一般歯科

歯周病治療

歯周病とは?

歯周病とは?

過去に歯槽膿漏(しそうのうろう)と言われていましたが、今は「歯周病」という呼び方で統一されています。
では歯周病とは何の事でしようか。

歯周病とは「歯周病菌が歯の周りヘ侵入する病気のこと」です。
虫歯は虫歯菌が酸を出して、歯そのものを破壊しながら侵入する病気です。
それに対し歯周病は、歯周病菌が毒素を出して歯の周りから侵入する病気です。

ここで大事な事は、どちらもバイ菌による“病気=感染症”であるということです。
ここで一度、歯周病の主な症状をご紹介いたします。歯周病はご自分では気づくことが難しい病気です。
まずは次のチェック項目で、ご自身の歯周病の症状をチェックしてみましよう。

□朝起きた時、ロの中が粘つく
□口臭がある
□歯茎が腫れている
□歯茎がむずむずする
□歯を磨くと血が出る
□硬いものが噛めない
□水を飲むと歯がしみる
□歯がぐらつく
□歯が長くなった
□歯茎を押すとうみが出る
□歯の間に食べ物がはさまる

2つ以上チェックがついたら要注意です。
1つ1つの項目が当てはまっても、どれが歯周病のサインだと知らなければ、わざわざ歯科医院へ足を運ぶことはないと思います。
しかし、そうして知らぬ間に、たくさんの歯が失われていくもの事実です。

歯周病の進行

正常な状態

正常な状態

ピンク色でキュッと引き締まった歯肉の状態です。

歯肉炎

歯肉炎

歯肉にのみ炎症が生じたもので、歯根膜や骨(歯槽骨)までは破壊されていないもの。
歯肉は暗赤色で丸みを帯びて腫れ、歯みがきの時や固いものを食べた時に、出血しやすくなります。
正しいブラッシングと歯石除去で良くなります。

軽度歯周炎

軽度歯周炎

骨(歯槽骨)が歯根の長さの1/3まで消失したもの。
歯肉の炎症が進行すると歯と歯肉の付着器官が溶け、歯周ポケットができます。
また、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶け始めます。

中等度歯肉炎

中等度歯肉炎

骨(歯槽骨)が歯根の長さの1/3〜1/2程度まで消失したもの。
炎症がさらに悪化すると歯槽骨が溶けて歯根部が露出し、冷たいものや熱いものがしみたりすることもあります。
歯石が歯周ポケットの奥にますます付着し歯肉が張れ、膿が出てきます。口臭も徐々にひどくなり歯を支えている骨(歯槽骨)の吸収により歯がグラグラ動きます。

重度歯肉炎

重度歯肉炎

骨(歯槽骨)が歯根の長さの1/2 以上消失したもの。
歯槽骨がほとんど無くなり歯根が露出し、最後には抜けてしまいます。

歯周病の治し方

歯周病の治し方 歯周病の治し方 歯周病の治し方 歯周病の治し方 歯周病の治し方

歯周病は歯周病菌によって起こる感染症ですから、とにかく菌を取り除くことが大事です。
毎日の正しいブラッシングでプラークを取り除き、口の中を清潔に保つことが基本です。ご自宅で歯ブラシで磨いて取ったり、超音波で取ったり、超音波でも取れない歯石は専用の器具(ハンドスケーラー)で丁寧に取り除きます。

程度によって違いますが、目的は同じ「菌を取り除く」ことです。
増えてしまった歯周病菌の数をひたすら減らします。
1・2回のクリーニングでは治りません。徹底的な繰り返しの治療が良い結果に繋がってきます。
治療後は炎症ではれていた歯肉が次第に引き締まってきます。

一般歯科の価格一覧

基本診療

初診料※保険適用 3割負担¥3,000程度(税込)
再診料¥2,000程度(税込)
セカンドオピニオン¥3,000程度(税込)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る