診療内容

一般歯科

虫歯治療

虫歯の原因をご存知ですか?

虫歯とは?虫歯の原因は磨き残しの中に存在する「虫歯菌」です。

虫歯菌は食べ物や飲み物に含まれているお砂糖を原料に酸を発生します。

その酸が歯を溶かして歯に穴をあけます。これが虫歯の原因と発生のメカニズムです。

虫歯菌とは?

虫歯菌とは?

虫歯菌とは、人間であれば大腸に必ず大腸菌がいるように、「どなたのお口の中にも存在する一般的な菌」のことです。
あなたのお口の中にも必ず虫歯菌は存在しています。

虫歯の進行

CO

CO

虫歯になる一歩手前の状態です。歯に穴は開いていませんが、表面が白くなったり茶色く着色しています。この状態では歯は削らずに経過観察します。

C1

C1

エナメル質またはわずかに象牙質の表面が侵された虫歯です。見た目よりも大きく深く虫歯が進行していることがあり、ご自身では気が付かないこともありますので、定期検診で早期発見し早期治療することが大切です。

C2

C2

虫歯が歯の神経近くまで進行すると、冷たいものがしみたり、甘いものを食べると痛みを感じたりするなどの自覚症状が現れます。少しでも自覚症状が現れたら一刻も早くご来院ください。

C3

C3

ここまで進行してしまうと重症です。虫歯が神経まで到達してしまい激痛が出ます。神経が細菌に侵され腐っているので神経を取り除かなければいけません。

C4

C4

さらに虫歯が根っこまで進行したもので、こうなってしまうと歯を残すこと自体が難しいこともあります。

虫歯の治療

虫歯の治療は、細菌が神経に侵入しているかどうかで、治療方法が大きく変わります。

歯の神経を取ると歯の寿命が短くなってしまいますので、出来る限り神経を残すように治療いたしますが、実際にどこまで細菌が侵入しているかによって処置が決まります。

細菌が歯の神経に達していない虫歯

C2虫歯の治し方 虫歯の治し方 虫歯の治し方

虫歯になったところを取り除き、レジン(プラスチック)を詰めるか、型取りをしてから詰め物(インレー)をセットします。

細菌が歯の神経に達した虫歯

C3 虫歯の治し方 虫歯の治し方 虫歯の治し方

細菌に侵された神経を取り除き、薬剤で細菌を完全に死滅させます。
数回にわたり細菌除去の治療を繰り返す必要があります。
しっかり細菌を除去したあと、神経の代わりに防腐剤を詰めて、柱(コア)を立てます。最後に被せ物をします。

 

痛い虫歯、つまり重症になってからの虫歯の治療は、患者様の時間と労力が相当必要になります。

定期検診で虫歯を早期発見し早期治療することと、少しでも自覚症状が現れたら一刻も早くご来院いただくことが大切です。ぜひ虫歯の原因と発生メカニズムを理解していただき、虫歯予防に努めていただければ幸いです。

大木歯科の予防歯科・定期検診についてはこちらをご覧ください。

一般歯科の価格一覧

基本診療

初診料※保険適用 3割負担¥3,000程度(税込)
再診料¥2,000程度(税込)
セカンドオピニオン¥3,000程度(税込)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る