診療内容

口腔外科・親知らず

親知らず

親知らずのデメリット

親知らずのデメリット親知らずのデメリット

まっすぐ生えていて虫歯になっていない親知らずは、これからも使い続けることができます。しかし親知らずがまっすぐ生えることは殆ど無く、
半分が歯肉と骨に埋まった状態になり、数々のデメリットを生んでしまいます。

歯肉が腫れる

歯肉が腫れる

まっすぐ生えていない親知らずは手前の歯の歯肉を圧迫して歯肉炎を起こしやすくなります。

プラーク(歯垢)がたまりやすくなる

プラーク(歯垢)がたまりやすくなる

まっすぐ生えていない親知らずは、手前の歯の歯肉の聞にプラークがたまりやすくなり、歯肉炎を起こしやすくなります。

親知らずが虫歯になる

親知らずが虫歯になる

ブラッシングも難しいためプラークがたまり、親知らずが虫歯になることがあります。

親知らずの手前が虫歯になる

親知らずの手前が虫歯になる

ブラッシングも難しいためプラークがたまり、親知らずと手前の歯が虫歯になることがあります。

上の歯が伸び下の歯に当って骨の吸収が始まる

上の歯が伸び下の歯に当って骨の吸収が始まる

上から伸びた親知らずが下の歯にあたり、歯周病を進行させてしまうことがあります。

歯が前に倒され、歯並びが悪くなる

歯が前に倒され、歯並びが悪くなる

まっすぐ生えていない親知らずに手前の歯が押されて、歯並びが悪くなることがあります。

一生懸命磨いても、歯ブラシの当たらない場所があると思うと、ぞっとしませんか?
当たらなければ後は免疫力頼みで、免疫力が負ければ虫歯菌によって、虫歯・腫れが起こります。
しっかりと生えていない親知らずがある方、ぜひご相談ください。

口腔外科・親知らずの価格一覧

マウスピース

スポーツ用マウスピース¥32,400(税込)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
鈴鹿市の歯医者 大木歯科医院 24時間Web予約 鈴鹿市の歯医者 大木歯科医院 インプラント専門サイト 鈴鹿市の歯医者 大木歯科医院 矯正歯科専門サイト