診療内容

口腔外科・親知らず

顎関節症

顎関節症の治療

スプリント療法/噛み合わせの調整

顎関節症は顎の関節に対する過剰な負荷から顎の関節が痛くなったり、口が開けにくくなったりする病気です。
具体的には、歯ぎしり/食いしばり/うつぶせ寝/頬杖/外傷/バランスの悪い噛み合わせなどが原因となる事が多いです。

顎関節症治療

まず、顎の関節に対する過剰な負担となっているのは何なのか?
原因を追求する事から始まりますが、いくつかの原因が重なっているケースも多いです。
原因を除去する事が治療となります。

顎関節症治療マウスピース

歯ぎしり/食いしばりについてはストレスが原因となっていることが多いので、まずストレスを減らす努力をして頂きます。
就寝前の入浴後のストレッチ体操等による全身のリラックスをお勧めしていますが、効果が現れない場合、マウスピース等により就寝時の歯ぎしり/食いしばりを予防する治療を行っています。

噛み合わせが悪く自然な顎の咀嚼運動(食事をするときの顎の動き)が出来ない方は顎に負荷がかかり、顎関節症の症状を呈することがあります。
この場合は噛み合わせの調整等により改善が見られるケースがございます。

口腔外科・親知らずの価格一覧

マウスピース

スポーツ用マウスピース¥32,400(税込)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
鈴鹿市の歯医者 大木歯科医院 24時間Web予約 鈴鹿市の歯医者 大木歯科医院 インプラント専門サイト 鈴鹿市の歯医者 大木歯科医院 矯正歯科専門サイト