診療内容

お口の中全体の治療

義歯・入れ歯

入れ歯の種類

入れ歯には、部分入れ歯と総入れ歯の2種類があります。

部分床義歯(部分入れ歯)

部分的に欠損している部位を義歯で補います。
取り外しができるので、清掃はしやすいですが、慣れるまでは違和感を感じることがあります。

総義歯(総入れ歯)

すべての歯が欠損しているところを補う義歯です。

部分入れ歯

部分入れ歯

総入れ歯

総入れ歯

入れ歯ができるまで

入れ歯を新しく作る場合には、残っている歯の状態や今使っている入れ歯の状態にもよりますが、通常鈴鹿市の歯医者 大木歯科医院では次の流れで作製します。

  • お口の型取り

    ①お口の型取り
    まずは、お口全体の型を採ります。

  • 精密な型取り

    ②精密な型取り
    おロの形に合わせたトレーを使って、精密な型採りをします。

  • かみ合わせのチェック

    ③かみ合わせのチェック
    上下のアゴの位置関係を記録します。

  • 仮合わせ

    ④仮合わせ
    ロウでできた仮の入れ歯を入れて、最終チェックを行います。

  • 完成

    ⑤完成
    でき上がった入れ歯の噛み合わせ、歯茎への当たりを実際にお口の中に入れて調整します。

  • 調整

    ⑥調整
    日常の生活で使用して、痛いところはないか?外れやすくないか?を確認してもらい、気になる箇所があればそこを調整します。

お口の中全体の治療の価格一覧

基本診療

初診料※保険適用 3割負担¥3,000程度(税込)
再診料¥2,000程度(税込)
セカンドオピニオン¥3,000程度(税込)

入れ歯・デンチャー

金属床義歯¥275,000(税込)
ノンクラスプデンチャー¥165,000(税込)
レジン床義歯¥11,000(税込)
チタン床義歯¥330,000(税込)
BPSデンチャー(片顎)¥330,000(税込)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る