診療内容

矯正歯科

矯正歯科

口もとの美しさを生む矯正治療。
見た目の美しさだけでなく、噛み合わせによる機能面の改善も求められます。
矯正治療の必要性、当院の矯正治療に対する考え方などご覧ください。

なぜ?矯正治療が必要なのか

なぜ?矯正治療が必要なのか

歯並びは、顎や顔の形などの発育に大きく関係しています。
歯がうまく咬み合っていないと、食べ物を小さくする能力が十分でないことにより消化器の調子を崩しやすくなったり、十分に歯磨き等によるお口の清掃ができないことにより虫歯や歯周病になりやすくなるなど、全身の健康にまで悪影響を及ぼします。

矯正歯科治療の目的は、不正な位置にある歯や顎の状態を整え、正しくきれいな歯並びを構築することです。
それにより全身の健康につながるだけでなく、美しい歯並びによってもたらされる他者に対する印象、またご本人の心理的な健康にも良い影響が期待できます。

美しく並んだ白い歯は、肉体的にも心理的にも良い効果をもたらしてくれるものと信じております。

むし歯や歯周病になりやすい

むし歯や歯周病になりやすい

歯が重なったり凸凹に並んでいると、十分に歯磨きができずに食べかすも溜まりやすくなります。
そのため、むし歯や歯周病にかかりやすくなります。

矯正治療をすることで…

凸凹がない歯並びですと、歯ブラシの毛先が届きやすく歯ブラシが楽になり、むし歯や歯周病のリスクが低くなります。
特に歯周病が進行すると歯が動くため、さらに歯並びが悪くなってしまうことがあります。

よく噛めない

よく噛めない

歯並びが悪いと正しい咬み合わせができません。
そのために、食べ物を正しく噛むことができず、丸飲みのクセがついてしまい、胃腸にも大きな負担を与えてしまいます。

矯正治療をすることで…

咬み合せが良くなることで、食べ物をしっかりと前歯で噛み切れ、奥歯ですりつぶすことができるので、胃腸にも優しく健康にもつながります。

顎の成長、顔の形にも影響する

顎の成長、顔の形にも影響する

顎の骨や顔の筋肉は、正しく噛むことで発達します。
不正咬合だとそれができませんので、顎が未発達になったり、顔が歪んだりする影響がでてきます。

矯正治療をすることで…

しっかりと顎が成長して、顔立ちもすっきりとします。

口もとが気になる

口もとが気になる

歯並びが悪いとコンプレックスの原因になり、話したり笑うときについ口もとを手で隠したりします。
ストレスも溜まり、歯ぎしりや肩こり、歯性も悪くなりがちです。

矯正治療をすることで…

口もとに自身ができ、自然と笑顔が明るく華やかになります。健康的で若々しい印象になります。

発音しにくい

発音しにくい

咬み合わせの状態によって、様々な発音障害がでてきます。特に英語などの外国語の発音が難しくなります。

矯正治療をすることで…

舌やくちびるの動きが妨げられないので、発音がしやすくなります。

大木歯科医院の矯正治療

お子様に対する矯正歯科治療(Ⅰ期治療)

お子様に対する矯正歯科治療

お子様の歯列矯正は、5~7才くらいから矯正歯科専門医への受診を勧めています。
Ⅰ期治療は、成長発育の旺盛な時期に(一般的には小学生の低学年から中学年にかけた時期)に開始することで、顎の骨格的バランス改善や歯列の拡大による調整により、歯を抜かない矯正治療が可能になったり、より良好な口元にできる可能性が高まります。
また歯の移動が速く、後戻りが少ない等の大きなメリットがあります。

Ⅰ期治療の目標は、患者様が気になる点を改善することはもちろんですが、成長発育のある時期に、比較的簡単な装置できれいな歯並びと正しい噛み合わせに誘導することです。
したがって、Ⅰ期治療では完全に歯並びの問題を解決することはできないことがあります。
あくまでも将来的に大人の治療をしやすくするための土台作りが目的となります。

成人に対する矯正歯科治療(Ⅱ期治療、成人矯正治療)

成人に対する矯正歯科治療

Ⅱ期治療とは、全ての歯にブラケットという装置を用いた本格的な矯正治療のことを指します。
Ⅱ期治療の目標は、永久歯列の完成以降に永久歯全ての緊密な咬み合わせを確立させることで、機能的また審美的な咬合を獲得することです。

治療の開始時期としては、永久歯が生えそろっており、歯周組織の問題がなく健康な場合、年齢に関係なく開始できます。
ただし、成長発育が期待できないため、歯を顎の骨の中で動かすにとどまること、あるいは遺伝的要因により骨格的バランスがどうしても改善できない等の理由により、治療結果には限界もあります。しかし、多くの患者様には、ご満足いただける結果に結び付けられるような治療を目指します。

治療期間としては、およそ2年~3年かかります。
ただし、歯の動く速さや治療内容によっては、それ以上の期間を要することがあります。

成人に対する矯正歯科治療

あなたの歯並び

歯並びの悪さ(不正咬合)といっても、多くの不正咬合があります。
代表的な不正咬合をご紹介します。ご自分・お子様の歯並びに似た不正咬合はございませんか?
思い当たる歯並びがありましたら、ぜひ一度受診されてはいかがでしょうか?

歯がでこぼこ

歯がでこぼこ

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)とは、歯と歯が重なりあっている「八重歯」や「乱ぐい歯」のことです。
歯の大きさや数に対して、顎が小さく歯が並ぶスペースがなく起こります。

歯ブラシが届かず、歯垢が残りやすいので虫歯や歯周病になりやすいです。

原因

顎が小さく十分なスペースがなく、歯が並びきらない場合や、歯が大きく顎のスペースに並びきらないことが原因となります。

出っ歯

出っ歯

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)とは、の歯が下の歯よりも突き出ているかみ合わせで「出っ歯」と言います。

上顎が突出しているか、下顎が上顎より後退している状態のことです。
上顎、下顎ともに前に突き出ている歯並びは上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)と言います。
歯が出ており口が閉じにくく口の中が乾くので、虫歯や歯周病に注意が必要です。

原因

原因の大半は先天的な骨格性のものであると考えられています。
その他、不良習癖として指しゃぶりや爪を噛む癖、前歯を舌で裏側から押してしまう癖があります。

治療や矯正によって出っ歯を治したとしても、生活習慣が直らない場合は、再び前歯が突出してしまう可能性がありますので、十分注意が必要です。

受け口

受け口

反対咬合(はんたいこうごう)・下顎前突(かがくぜんとつ)

反対咬合(はんたいこうごう)・下顎前突(かがくぜんとつ)とは、下の歯が上の歯よりも前に出ているかみ合わせで「受け口」のことです。
しっかりと噛むことができません。

下の歯が上の歯にかぶさって、上の顎の成長を抑えてしまうため、成長するとさらに受け口が目立つようになります。
出来る限り早期に治療することが望ましいです。

原因

原因の大半は先天的な骨格性のものであると考えられています。
その他、不良習癖として指しゃぶりや爪を噛む癖、無意識に下のあごを前に突き出す癖、下のあごを前に出して上下の前歯で噛もうとする癖があることがあります。

治療や矯正によって受け口を治したとしても、生活習慣が直らない場合は、再び受け口になってしまう可能性がありますので、十分注意が必要です。

前歯が噛み合わない

前歯が噛み合わない

開咬(かいこう)

開咬(かいこう)とは、奥歯は噛んでも前歯はかみ合わずに上下の歯が開いている状態です。
飲み込みに支障が出たり、口呼吸の原因にもなります。

原因

不良習癖として指しゃぶりや爪を噛む癖、くちびるを噛んだり吸ったりする癖、口呼吸があります。
大きな原因のひとつとして、持って生まれた顎の形態も関わってきます。このような遺伝が要因の場合、外科的矯正が必要になる場合があります。

治療方法

思春期成長期前の骨格誘導が効果的です。
顎の骨のずれが極端に大きい場合は、外科手術が必要な場合があります。
舌や唇の癖がある場合は、矯正治療と併用して、舌癖の改善トレーニングを行います。

すきっ歯

すきっ歯

空隙歯列(くうげきしれつ)

すきっ歯とは、空隙歯列といい、歯と歯の間に隙間がある状態のことです。
小児の段階で治療をすることで、比較的治りやすい症状です。

歯の隙間に食べ物が詰まって虫歯になりやすい傾向があります。

原因

遺伝的傾向として、顎が大きい・歯が小さい・生まれつき歯の本数が少ない・上唇から歯茎につながる小帯(ヒダ)の位置が下まで伸びてきている場合や、舌癖があげられます。

噛み合わせが深い

噛み合わせが深い

過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合(かがいこうごう)とは、前歯の噛み合わせが極端に深い状態のことをいいます。

噛み合せたときに、上の前歯が下の前歯に深く被さり、正面から見ると下の歯が隠れてしまいます。
前歯が深く噛み合うと、麺類などの柔らかいものを前歯でうまく噛みきるのが難しく、ゆっくり時間をかけて食べるか、あまり噛まずに食べる方が多いといえます。

口を開けて笑ったりすると、上の歯茎が目立つ方もいます。

原因

原因の大半は先天的な骨格性のものであると考えられています。
その他、不良習癖としてくちびるを噛んだり吸ったりする癖があります。

あと奥歯がないことにより、噛み合わせが深くなることもあります。

矯正歯科の価格一覧

矯正治療

矯正検査・診断料¥54,000(税込)
Ⅰ期矯正装置(出歯・叢生)¥270,000(税込)
Ⅰ期矯正装置(受口・開口)¥378,000(税込)
観察料¥3,240(税込)
Ⅱ期矯正装置料¥680,400(税込)
観察料¥5,400(税込)
インプラントアンカー¥54,000(税込)
矯正抜歯¥3,240(税込)
ハーフリンガル¥896,400(税込)
リンガル¥1,112,400(税込)
Ⅱ期装置料(Ⅰ期から移行)¥410,400(税込)
インビザライン¥788,400(税込)
部分矯正(エクストルージョン)¥32,400(税込)
部分矯正(1/3顎)¥108,000(税込)
セットアップ模型¥32,400(税込)
バンドループ¥21,600(税込)
クラウンループ¥21,600(税込)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
鈴鹿市の歯医者 大木歯科医院 24時間Web予約 鈴鹿市の歯医者 大木歯科医院 インプラント専門サイト 鈴鹿市の歯医者 大木歯科医院 矯正歯科専門サイト