大木歯科医院について

徹底された感染対策

衛生管理

鈴鹿の歯医者 大木歯科医院では最新機器を導入した万全の院内感染予防

治療に使用するピンセット類

治療に使用するピンセット類は滅菌され袋詰めされています。
コップは使い捨てになっています。

衛生面でも安心して頂ける環境をご用意しています。

院内感染とは、患者さまから他の患者さまへの病気の感染です。
歯科医療の現場では、B型肝炎、HIV。最近では新型コロナウイルスなど感染力が強く、非常に危険なウィルスへの対策が欠かせません。

また、感染症だけでなく、歯科医院ではお口の中を触るため衛生面はとても気になりますよね。
例えば、他の患者さまのお口の中を触った手袋のまま、自分の口を触られたらいかがでしょうか?

鈴鹿市の歯医者 大木歯科医院では、院内感染を防ぐことはもちろん、患者さまが安心して治療を受けられる環境を目指し最新の機器を導入するなど、現在考え得るベストな対策を行っています。

最新鋭の滅菌装置でドリルも完全滅菌(DACユニバーサル)

DACユニバーサル(滅菌器)

ドイツ製の最新滅菌器です。

鈴鹿市の歯医者 大木歯科医院では、歯の削るときに使うドリルを、1本ずつ丁寧に滅菌使用しております。

ドリルの先はとても汚染されやすい部分です。また、唾液や血液を完全に除去し、滅菌された状態の器具を使用することは治療の精度を高めることにもつながります。

しかし、ドリル本体を一本一本滅菌する医院は多くありません。
なぜなら、ドリル内部に混入した唾液や血液を完全に滅菌することは、構造的に非常に難しいと言われており、専用の機器が必要となってくるからです。

鈴鹿市の歯医者 大木歯科医院では、最新鋭の機器を使用し、一人の患者様に使用するたびに、全てのドリルを滅菌しております。

高圧蒸気滅菌装置(オートクレーブ)

滅菌器 オートクレーブ

院内には4台のオートクレーブが設置されています。

治療に使用する全ての器具を、患者さまごとに高圧蒸気殺菌装置を使用して完全滅菌しています。肝炎やHIVを始め、全てのウィルスや微生物、雑菌を殺菌しています。

落ちにくい汚れには超音波洗浄機

超音波洗浄機

器具には「目に見えない汚れ」も沢山付着しています。
消毒・滅菌処置を行なう前にこれらの汚れを完全に除去しなければなりません。
汚れが完全に落とせていないと、滅菌・消毒をしても完全でない場合があり、『二次感染』の恐れがあるためです。

目に見えない汚れまで落とすため、超音波洗浄機を使用した上で、滅菌・消毒をしており、落ちにくい汚れにも対応しています。

ミーレー

また、患者様にとって安心なだけでなく一緒に働くスタッフにとっても安心して働ける職場となるように感染物質に直接触れずに自動的に医療機器を洗浄するための医療用自動洗浄機「ミーレ」も導入しております。ヨーロッパにおける医療先進国では普及し始めているシステムです。

鈴鹿の歯医者 大木歯科医院での院内感染予防への取り組み

患者さまごとに診療器具を滅菌・消毒

オートクレーブ

診療器具を使用後は、患者さまごとに洗浄、滅菌を徹底して行い、滅菌パックされたものを清潔に保管しています。

使い捨ての器具で安心・安全

治療に使用するピンセット類

注射針や紙コッブ、エプロンなどはすべてディスポーザブル(使い捨て)のものを活用し、使い回しによる感染を防ぎます。

スタッフ全員が衛生管理を徹底

スタッフ全員が衛生管理を徹底

手洗い・消毒の徹底、使用ごとのグローブの交換などを基本に、スタッフの衛生管理に対する意識向上に努めています。

清潔な空気も大切にしています

鈴鹿市の歯医者 大木歯科医院の院内には、テレビCMでも放送している「次亜塩素酸」で除菌・脱臭をする業務用ジアイーノを2台設置し、人体に安全でウイルス抑制や臭いにも効く空間除菌脱臭をして、院内の空気を清潔に保っています。

ガス滅菌

ガス滅菌

熱に弱い器具類はオートクレーブによる滅菌が行えません。

そこで活躍しているのがガス滅菌器です。

ランニングコストがかかることが欠点ですが、より患者様にとって安心できる医療を徹底するために導入いたしました。

使い捨てグローブ

使い捨てグローブ

患者様の口腔内に触れるグローブは使い捨てとなっております。

大木歯科医院の新型コロナウイルス感染予防対策方針

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、患者様皆様方に安心して通院して頂けるように鈴鹿市の歯医者 大木歯科医院では以下の通り、取り組みを行っております。

 

鈴鹿市の歯医者 大木歯科医院が行っている取り組み

  • 院内すべての共有スペース(待ち合い、トイレ)における消毒用アルコールの設置
  • 院内感染対策スタッフによる、院内設備・共有スペースの消毒
  • 大木歯科医院の関係者の感染防護対策(サージカルマスク、フェイスシールド、ゴーグル、キャップ)の徹底
  • スタッフの毎日の検温及び手指消毒の徹底
  • スタッフが発熱、咳、倦怠感を伴う症状を訴えた場合の自宅待機及び医療機関受診の徹底
  • 待合室におけるキッズスペース、雑誌、新聞、ウォーターサーバー等の撤去
  • 診療室内の全面換気及び診療室内の空中ウイルス密度を少なくするための常時換気
  • 患者様に対する来院時の非接触型体温計による体温測定
  • 患者様に対する処置前の洗口液によるうがいの実施
  • 現金に触れる頻度を減らすためにセミセルフレジを導入

上記のいずれにつきましても常日頃より行っている感染予防対策に加え、日本歯科医師会三重県歯科医師会厚生労働省等の最新の指針や情報に基づいた対策を鈴鹿市の歯医者 大木歯科医院では積極的に行っております。

患者様へのご理解とご協力のお願い

以下のような事項に該当する方は予約の延期及び予約の延期を検討させて頂く場合がございます。
① 37.0℃以上の発熱や咳症状及び倦怠感のある方
② 現在同居する方に発熱や咳などの症状がある、自宅隔離を要請されている方
③ 身内や勤務先などで新型コロナウイルス陽性患者が出ておられる方
④ 過去14日以内に海外渡航歴のある方
⑤ 過去14日以内に海外から帰国された方との濃厚接触歴がある方
⑥ 過去14日以内に50人以上が屋内で集まる集会やイベントに参加された方
※加えて過去14日以内より嗅覚、味覚異常が出てきた方につきましても感染初期症状の可能性がございます。来院前にご連絡頂けますと幸いです。

患者様におかれましても通院による感染の不安がある、重症ではないものの咳や発熱、倦怠感がある、または接触者の感染が確認された場合などはご相談、予約変更のご連絡(059-395-1000)を鈴鹿市の歯医者 大木歯科医院まで頂ければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る