症例紹介

審美歯科・ホワイトニング

ホワイトニング&審美補綴(オールセラミック〜ジルコニアボンド〜)部分矯正extrusion

30年間使ってきた前歯の差し歯の隙間が気になり始めてきたのをきっかけに天然歯の漂白を行ったのち、差し歯を作り替えました。

従来の金属の表面にセラミックを貼り付けたメタルボンドクラウンではなく、透明感の高いオールセラミッククラウンを装着したことで、より自然感な口元を再現できました。

Before

After

上顎の前歯の歯肉との境目が黒くなっています。

全体的にホワイトニングを行った後、オールセラミッククラウンをかぶせました。

古い差し歯を外してみると中が虫歯になっていました。特に右上の2番目の歯は歯肉の中まで虫歯でしたので部分矯正にて引っ張り出すことにしました。

歯肉の中に埋まっていた歯の根っこを引っ張り出してから差し歯をかぶせることによって被せ物が外れにくくなります!

仮歯の裏側にゴムを取り付けて歯の根っこを引っ張り出しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
鈴鹿市の歯医者 大木歯科医院 24時間Web予約 鈴鹿市の歯医者 大木歯科医院 インプラント専門サイト 鈴鹿市の歯医者 大木歯科医院 矯正歯科専門サイト