大木歯科医院について

消毒室の設備紹介

どのような診療設備を導入しているのかご紹介いたします。

  • 脱塩水生成器(アイオニー、シロデム)

    器具の滅菌に使用する水は、水道水に含まれる不純物が原因で滅菌器の故障や治療器具にも悪影響を及ぼすため、簡単に精製水を作ることができる機械を設置しています。

  • シリコン印象材 自動練和機

    被せ物や詰め物を作る際のお口の中の型取りに使用する印象材を自動で練和し、簡単でスピーディーに必要量のみ印象用トレーに盛ることができます。

    この練和機のおかげで、印象材がしっかりと練和されていないことや、無駄な印象材の使用がなくなります。

  • 歯科用ハンドピース滅菌器(DACユニバーサル)

    治療に使用する歯科用ハンドピース(歯を削るドリルの柄の部分)には様々なウイルスや病原菌が付着しているリスクがあるため、こういったウイルスや病原菌を滅菌する必要があります。

    この歯科用ハンドピース滅菌器は、外部洗浄・内部洗浄し上記の菌・微生物を完全に滅菌することができる滅菌器です。
    滅菌対策が日本よりも非常に厳しい、ヨーロッパ基準に準拠した滅菌器というのも大きな特徴です。

  • 滅菌器 LISA

    ピンセットや歯を削る際に使用する器具など歯科の器具は使用後、口内の唾液や血液からの細菌やウイルスが付着します。
    これらは洗浄やアルコール塗布しただけでは除去しきれません。
    この高圧蒸気滅菌器で、高温・高圧で器具の内部まで滅菌し、あらゆる菌による院内感染を防ぎます。滅菌後は専用のパックに入れて、診療時まで清潔に保管します。

    このように院内感染を防ぐことで、患者様はもちろん働くスタッフにも安全な職場を提供することができます。

    衛生管理について詳しく見る

  • ガス滅菌器

    熱と気圧による殺菌ができない器具(プラスチックや錆びる器具)はホルマリンガスにて滅菌しております。
    大学病院などの大きな施設で手術器具を消毒する際にも使用されています。

  • 全自動洗浄機(ミーレジェットウォッシャー)

    ミーレジェットウォッシャーは国際規格(ISO15883)に準拠した高性能洗浄器で歯科用器具を確実に洗浄・消毒します。

    手洗いに比べて安定した洗浄効果を得られるばかりか、働くスタッフの切創や針刺しなどの感染リスクを大幅に低減します。

  • 超音波洗浄機

    滅菌を効果的に行うためには、滅菌前にしっかり洗浄することが大切です。超音波振動によって、手洗いで落としきれない器具の隅々まで汚れを落とします。

  • 殺菌庫

    紫外線照射で治療に使用する器具の殺菌と保管をします。

  • 印象材 自動練和機

    被せ物や詰め物を作る際のお口の中の型取りに使用する印象材を、誰にでも簡単に練りムラや気泡のない均一に作ることが可能です。

  • 寒天コンディショナー

    被せ物や詰め物を作る際のお口の中の型取りに使用する寒天を、水を使わず加熱し溶解保存できる機械です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る