設備紹介

CTレントゲン

ドイツ医療機器メーカーシロナ製CTレントゲン「ORTHOPHOS SL」を導入

今までもCTレントゲンはございましたが、これまでのCTと比べますと、

  • より鮮明度の高い画質で、正確な治療計画が立てられます。
  • 患者様に撮影のストレスを極力減らせれるよう、撮影時間が10数秒と短時間で非常に楽に撮影を受けられます。
  • 先日導入したCAD/CAM機とデータの連携により、インプラントの際に使用するガイドの制作が可能になり、より安全なインプラント治療を行うことができます。
  • 今後、撮影した3D画像より顎関節症の診断や気道分析が可能になります。
  • 患者様に安心の低被ばく線量

なぜCTが必要か?

CTレントゲン ORTHOPHOS SL

現在の歯科治療では3Dでの画像診断が主流になっており、2次元では分からない骨の厚みや神経の位置、歯の根元の状態などを、3Dのレントゲンにより詳しく知ることができます。

その結果、治療及びインプラント手術などの外科的手術を、より安全に確実にそれも短時間で行うことができるようになります。

3Dの画像診断がどのような治療に有効か?

CTレントゲン ORTHOPHOS SL

  • 歯周病…CT検査により、歯槽骨(あごの骨)と歯の状態を3次元画像で確認し、歯周病の進行状態の診断が可能です。
  • 根管治療…歯の根元の病巣の確認、根管の形態や数を確認することができます。
  • 親知らず抜歯…埋伏した歯と歯根周辺の骨や神経、血管の位置や状態を正確に把握できます。
  • 矯正治療…矯正治療で今後どのように歯を動かしていくのかといった計画や治療中の経過観察に、3次元で歯列全体を確認することができます。3次元による診断は最適な治療と治療期間の短縮にもつながります。
  • インプラント…インプラント治療にCT検査は無くてはならないものです。2次元のレントゲンでは正確に確認できない顎の骨の高さや厚み、神経の位置を立体的に確認することができます。3次元による正確な診断で、患者様にとって安心できるインプラント手術が可能になります。

シロナ製ORTHOPHOS SL 3D プラス最大のメリット

先日導入したCAD/CAMとの連携により、インプラント埋入のガイド製作が可能となりました。

顎の骨の高さや厚み、神経の位置から、パソコン上でインプラント埋入の位置と埋入する角度、埋入するインプラントの長さ・太さなどを判断して設計します。
設計後はそのデータを元に、より正確な位置へインプラントを埋入するためのガイドを、CAD/CAMで制作することができます。
そのガイドを用いることにより、これまで術者の経験やスキルなどに頼っていた、インプラント手術もこれまで以上に正確に安全に行うことができます。

CTレントゲン ORTHOPHOS SLCTレントゲン ORTHOPHOS SL

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る