症例紹介

口腔外科・親知らず矯正歯科

埋伏歯の開窓手術&部分矯正

左上3番目の歯がなかなか生えてこないということを主訴に来院された子供さん(13歳)です。

レントゲン写真にて歯の位置を確認しました所、2番目の歯の下に位置しており、かなり方向がずれていることが判明しました。
そこで埋伏歯の開窓手術&部分矯正を計画しました。

Before

After

術前パノラマ

術後パノラマ

術前咬合面観

術後咬合面観

おそらく成人後の治療であれば、埋もれている歯をこれだけ短期間で生えさせることはかなり困難で、すべての歯を生えさせて並べるという治療はほぼ不可能だったと思います。(通常これだけ大きい歯がこの位置に埋もれている場合治療をギブアップしてしまうものです)処置を積極的に行ったのは、患者さんの負担が最小限で最大限のメリットがある治療であると考え、治療に踏み切りました。院長笠井は現在インプラント治療や歯周外科などの外科処置および歯列矯正を主に担当しておりますが、最初に所属したのは小児歯科です。今回の症例は小児歯科・口腔外科・矯正歯科のスキルを要する症例で大木歯科医院ならでは処置といっても良いと思います。(外科処置と矯正処置は歯科大学の中では割とかけ離れた分野です。この2つをうまく複合させるのは少々困難です。)

矯正装置を徐々に除去しているところです。今回の処置で残念なのは、初診時左上の2番目の根がすでに犬歯によって吸収され短くなってしまっていたことです。もう少し早めに処置を行ったほうが良かったのかもしれません。歯が生えてくるのが遅いな・・・。と思われたら早めの受診をお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
鈴鹿市の歯医者 大木歯科医院 24時間Web予約 鈴鹿市の歯医者 大木歯科医院 インプラント専門サイト 鈴鹿市の歯医者 大木歯科医院 矯正歯科専門サイト