症例紹介

小児歯科矯正歯科

バイオネーター(機能的矯正装置)による小児矯正

小児矯正における出っ歯の改善に咬合誘導をおこなった矯正がもっとも有効です。
この患者様には、バイオネーター(機能的矯正装置)という装置を用いて矯正治療を行いました。

バイオネーターは、取り外し可能な矯正装置で出っ歯の改善に非常に優れた効果を発揮します。
出っ歯というのは、前歯が突き出しているケースが多いですが、その他に下あごの発育が悪く、後ろに下がっていることで出っ歯に見えるケースも多くあります。
この場合、上あごを引っ込めるのではなく、下あごが前方に成長するように導くことが重要です。

バイオネーターは、下あごの発育が不十分で、これから発育が見込めるお子様の矯正に用いられます。
バイオネーターによる矯正のスタート時期は、6~11歳くらいの成長期です。

バイオネーターのメリット

  • 取り外しできるため、寝るときに使うだけで済む
  • 取り外して食事・歯みがき・お手入れができるため、汚れにくく、虫歯になりにくい
  • 機械的に無理な力をかけるのではなく、あごの骨そのものに働きかけるため、全体にバランスのとれた成長を促進できる
  • 一般的な矯正治療に比べ、治療後の後戻りが少ない
  • お手入れが簡単(毎日水ですすぎ、たまに洗浄剤を使用するだけで十分)
  • 痛みが少ない
  • ブラケット矯正に比べ安価

Before

After

上顎前歯が大きく前に突出していました。

下顎を全体的に前方に移動させたことで相対的に前突感が少なくなりました。

この患者様につきましては、バイオネーターによる咬合誘導が終わり、今後はブラケット矯正で見た目にもきれいな歯並びに矯正していきます。

矯正治療を行う時期としては、新学期に慣れた夏休み前くらいからが、最も良い時期と言えます。
矯正の装置をつけて学校に行くことはお子様にとって勇気がいることです。
そのため、夏休み前に矯正を始めることは夏休み中に装置に慣れ、スムーズに2学期を迎えることが出来るという点で適しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
鈴鹿市の歯医者 大木歯科医院 24時間Web予約 鈴鹿市の歯医者 大木歯科医院 インプラント専門サイト 鈴鹿市の歯医者 大木歯科医院 矯正歯科専門サイト