院長ブログ

矯正治療後、歯並びの後戻り

大木歯科医院 院長笠井です。

当院では日々多くの患者様に矯正治療を受けていただいております。
矯正治療とは、歯並びの見た目はもちろんのこと、機能面(しっかりと28本の歯で噛めること)でも有効とされています。
歯並びが悪くなる原因は、遺伝などの先天的な要因、顎の発育不良、指しゃぶりなどの癖などの要因があります。
あと、せっかく矯正治療をうけられて理想的な位置に矯正をしても、歯は元の位置に戻ろうとします。
それを防ぐために、「リテーナー」という後戻りを防ぐための装置を使用します。
リテーナーの使用する期間は人によって異なりますが、歯を動かした年数と同じくらいから、永続的に使用する必要があります。
そのリテーナーを使用しなかったために後戻りが起こり、再度矯正治療をする必要が出てきます。

この患者様も以前海外で矯正治療をうけられて、きれいな位置に歯が並んだのですが、リテーナーがあっていなかったようで使用しなかったところ、やはり後戻りでまた以前の歯並びに戻ってきて、その歯並びが気になるとのことで来院されました。

今回はブラケットと言われる、矯正器具をつけるまでではありませんでしたので、アライナー矯正と言われるマウスピースを使用した矯正治療で歯を動かすことになりました。
矯正器具をつけることなく、目立たないマウスピースの矯正ですので、まわりにも矯正治療をしていることが分かりにくく、患者様自身も矯正器具の違和感を感じることなく生活できるというメリットがあります。

他院で矯正治療を受けられて、後戻りが起こってい方や矯正器具の見た目が気になる方や、接客業で矯正器具を付けられない方には、このマウスピース矯正がおすすめです!
※マウスピース矯正はすべての方が適応ではありませんので、一度当院矯正認定医のカウンセリングと審査診断が必要となります。

矯正治療が気になっている、自分の歯並びが気になっている、お子様の歯並びが気になっている親御様、ぜひ一度矯正のカウンセリングを受けられてはみませんか?
矯正カウンセリングはお電話(059-395-1000)で「矯正カウンセリング希望」の旨でご予約の上ご来院ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*