院長ブログ

歯科衛生士食事会と定期検診の重要性

大木歯科医院 院長 笠井です。

先日当院歯科衛生士さんと診療後、鈴鹿にあります「本場四川料理楼蘭」様に

食事会に行きました。

大木歯科医院では、チーム医療を心がけ歯科衛生士チームの縦と横の絆を強くするために、定期的に食事会を開催しています。

今回の食事会では、当日誕生日のスタッフがいましたのでプチ誕生日会と、今年入社したスタッフの衛生士チームへの歓迎を兼ねた食事会となりました。

楼蘭様で美味しい四川料理をいただいたのですが、昨今テレビをつけると健康寿命や食育といった話題が多く取り上げられております。

そもそも、美味しい料理を食べるにも健康な歯がなくては食べることができません。

健康な歯を保つためには、何が大切か分かりますか?

第一にホームケア(歯磨き)が大切です。

しかし、自宅での歯磨きだけでは落としきれない汚れがあることをご存知ですか?

そういった落としきれない歯垢や歯石を専用の器具で清掃をしたり、自宅での歯磨きをしっかりできるためのブラッシング指導を行うのが、歯科衛生士のお仕事です。

では、定期検診にはどれくらいの期間で行けばいいのか?

当院では、3〜4ヶ月に1度の定期検診をオススメしております。

定期検診ではどういったことをするのか?

歯が痛くないのに歯医者に行って何をするのか、分からない人もいますよね。

上記に上げた歯垢の除去(自宅での歯磨きの取り残し・歯垢は、虫歯や歯周病の大きな原因となります)や歯石の除去(歯石は誰にでもつき、歯周病を引き起こす原因の一つです。自分で取り除くことは困難です)やブラッシング指導(歯の正しい磨き方は、人によって歯並びや歯磨きの癖などがあるため、一人ひとり違います。あなたに合った、歯ブラシやフロスなどの正しい使い方を指導します)といったこと以外に

■歯科医師による虫歯のチェック

虫歯は、歯の噛む面だけでなく、歯と歯の間などにもできます。また、一度治療をしても、年月が経つと治療をしたところから新たな虫歯ができることもあります。歯科医師に虫歯をチェックしてもらいましょう。

■歯ぐき・歯周病のチェック
歯のまわりのポケット(歯周ポケット)が深いと、歯周病になります。歯周ポケットの深さがどのくらいかチェックをします。

といったように、歯科医院での定期検診は健康寿命を伸ばすため、美味しくご飯を食べるためにも、とても重要です。

これからも大木歯科医院では、歯科衛生士による定期検診の重要性と歯の大切さを、当院にお越しいただく患者様はもとより、地域の皆様に啓蒙していきます。

いつも地域の方々の健康をサポートしてくれている、歯科衛生士を含めたスタッフ全員に感謝します。

定期検診ご希望の方は、お気軽にお電話(059-395-1000)でご予約の上、ご来院ください。お電話お待ちしております。

歯科衛生士食事会と定期検診の重要性歯科衛生士食事会と定期検診の重要性歯科衛生士食事会と定期検診の重要性歯科衛生士食事会と定期検診の重要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*