院長ブログ旧ブログ

入れ歯が合わずにお困りの方へ

先日、歯科医師会主催の入れ歯の研修会に参加してきました。
「だめな義歯とよい義歯」の違いと「義歯のかみ合わせ」について学んできました。

高齢化社会を向かえ、当院でも歯がなくお困りの患者様が多く来院されます。
そんな患者様のお悩みの多くは、現在使用中の入れ歯があわずに、ご飯を食べる際入れ歯が痛くて食べれない。というお悩みがほとんどです。

結局、入れ歯が痛いため歯ごたえのない柔らかいものばかりを食べるか、硬いものでもあまり噛まずに飲み込んで食事をされています。
歯ごたえがなく、美味しく食べれない。飲み込んで食べるため胃腸の調子が悪い。そして体力もなくなり急に老けこんでしまいます。

インプラントを使えばご自身の歯のように美味しくご飯が食べることができるのですが、費用面や顎の骨の状況などでたくさんのインプラントを入れることができない患者様もみえます。

そういった患者様には顎の骨に2~4本のインプラントを埋め込み、取り外し式の総入れ歯をつけます。

通常の入れ歯は、歯茎だけで入れ歯を支えますので、食事中にずれたり、食べ物が挟まったりして、痛みや食べづらさがあります。
インプラントオーバーデンチャーは、インプラントの上に、連結するためのパーツをと総入れ歯を装着させます。インプラントに総入れ歯がしっかりと固定されますので、よく噛んで食べられるようになります。

入れ歯でお困りの方、是非当院までご相談ください。
お電話(059-395-1000)又はホームページからご予約いただきご来院ください。お待ちしております。

入れ歯が合わずにお困りの方へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*