院長ブログ

インプラントを用いて義歯(入れ歯)を固定

大木歯科医院 笠井です。

当院では赤ちゃんからご高齢の方まで、老若男女問わず日々多くの患者様にご来院いただいておりありがとうございます。
そんな患者様の中には、入れ歯を使用されている方も多くみえます。
そんな入れ歯の患者様が抱える悩みでよく聞かれるのが、入れ歯「ずれる、痛い、物が噛めない、喋りづらい」等のお悩みです。
そういった患者様に、まずは入れ歯の調整をさせていただくのですが、元々入れ歯を支える歯茎の骨が痩せているため、入れ歯の調整をしても限界があります。
そのまま合わない入れ歯を使用することで、ますます噛むことがストレスになり、食事もままならなく身体に影響を及ぼします。
噛むという行為が減ることによって、ますます骨が痩せていきより噛めなくなるといった、負のスパイラルが起こります。

このような入れ歯の負のスパイラルをおこらないようにするには、足らない歯の分だけインプラントを用いて連結した歯を作ることが最善策です。
しかし、外科処置が伴うため体調面や自費治療のため費用面の問題で、すべての人が最善の治療プランで治療を受けられるわけではありません。

そういった外科処置や費用面を少しでも抑えられる治療が『インプラントオーバーデンチャー』です。

『インプラントオーバーデンチャー』は2本から4本のインプラントに、入れ歯を磁石などを用いて固定する方法です。
インプラントを使用することで、入れ歯特有のガタツキをなくししっかりと固定させることができます。
埋入するインプラントの本数も少ないため、コストも抑えることができます。

また、埋入したインプラントが歯根の役割を果たし、周りの顎の骨が痩せてしまうのを抑えることもできます。

入れ歯をご自身で外すことができるので、お手入れが簡単なのもメリットです。
しかし、噛む力は通常のインプラントで固定した歯ほどは強くありません。

 

 

 

写真の患者様も、初診時は他院で被せたブリッジや部分入れ歯を使用していたのですが、支台にしている歯がこれ以上持たなくなり、ブリッジのゆるが生じ、結局支台を抜歯して総入れ歯になりました。
しかし総入れ歯が、「ずれる、痛い、物が噛めない、喋りづらい」のお悩みで、インプラントオーバーデンチャーで入れ歯を固定させていただきました。

こういった、入れ歯でよくあるお悩みをお持ちの方、一人で悩まず大木歯科医院までお電話(059-395-1000)いただきご相談ください。

※インプラントオーバーデンチャーは外科処置を伴うため、すべての患者様に適用しませんので、予めご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*