2020年3月

こんにちは!鈴鹿市の歯医者 大木歯科医院 歯科衛生士の若林です。

今回は、よくある矯正の疑問点について、お話ししたいと思います。

矯正治療のスタートに年齢は関係ありません

矯正治療

矯正治療、歯並びの改善は、お子様・小児だけの治療とよく勘違いをされる方がみえますが、矯正治療を始めるのに年齢は全く関係ありません。

大人の矯正治療がブーム

最近では、ブラケットを使用した一般的な矯正治療だけでなく、マウスピース矯正(アライナー矯正・インビザライン)という、透明なマウスピースをはめて歯並びを改善する大人の矯正治療がブームになっています。インビザライン

お子様の矯正治療は早い方が良い?

お子様の歯並びについては早くから矯正をした方が良いのでは?と迷っている方が多いと思います。

実際その通りで、答えはYesです。

最適な開始時期は歯並びの現状や骨の成長時期によって決まりますが、おおよその目安としては5〜7歳頃、上顎前歯の乳歯が永久歯に生え変わる頃です。

これを1期治療といいます。

子どもの矯正治療は、成人矯正のように歯を動かすだけではなく、顎の成長をコントロールして適正な歯並びに整えていけるメリットがあります。

そのため乳歯から永久歯に生え換わる時期に矯正治療を行うことが大切になります。

また早く矯正を始めたことで、抜歯や外科手術を回避できた、というケースもあります。

カウンセリングにお越しください

初回は矯正相談として、現在の問題点や悩みをお聞きしながら、矯正の概要・期間・費用などをご説明します。

大木歯科医院には、日本矯正歯科学会の認定医が常勤しております。

お電話(059-395-1000)でご予約の上ご来院下さい。