スタッフブログ

一口30回咬みましょう

こんにちは、大木歯科医院 小野寺です!

暑い日が続きますね!夏は冷たいお蕎麦やそうめん、冷やし中華など、麺類を食べることも多いと思います。みなさんは麺類を食べるときに具材ってたくさんいれますか?昔、卑弥呼が暮らしていた弥生時代の人たちは玄米やクルミをよく食べていたので咬む回数は1日約4000回だったといいます。対して私たち現代人の食事では1日約600回程度しか咬まないとされています。咬むことは脳の発達や消化吸収の促進など身体全体にいい効果を与えてくれます!麺類だけで食べているとあまり咬まずに丸のみ状態になってしまうので、咬む回数を増やすためにいろいろな具材を混ぜて「一口30回で咬む」を意識し咬みごたえをアップして暑い夏を乗り越えていきましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*