スタッフブログ

ジルコニアって?

こんにちは、歯科医師の阿比留です。

皆さん「ジルコニア」って何かご存知ですか?
最近の歯科の材料には色々なものが出てきていますが、その材料のなかに「ジルコニア」というものがあります。
主に奥歯の被せ物に使用される保険外の材料です。

材料について詳しく説明すると、ジルコニアは酸化ジルコニウム(ZrO2)のことで、金属のジルコニウム(Zr)が酸化した白い粉末状のセラミックです。
よく「人工ダイヤモンド」と呼ばれています、それくらい硬い材料なんです!

今までの歯科の材料と比べて

  1. 今までのセラミックより硬く、ブリッジやインプラントなど強度が必要なところでも使える
  2. 変色や劣化を起こさない ジルコニアは非常に安定した素材なので、口の中の過酷な環境下でも変色や劣化を起こしません
  3. 体に優しく、金属アレルギーを起こさない 
  4. 何より綺麗  ジルコニアは金属と比べてイオン流出がほとんどなく、また白い材料なので高い審美性を得ることができます
  5. 汚れが付きにくい 虫歯や歯周病予防にも効果的です 

このように良いこと尽くめのようですが、注意が必要なところもあります

  1. 硬い材料なので、咬み合わせを考えないと他の歯がダメージを負うこともある
  2. 今までのセラミックに比べて強度は高いが、透明感が少ないので前歯の治療よりは奥歯の治療に向いている 前歯の治療では「オールセラミック」という、ジルコニアを土台に使いその上に審美性のある材料を盛ったものが適応になります
  3. セラミックと同様、保険は効かない
  4. 咬み合わせや力のかかり具合によっては欠けることもある ただ、これは歯や金属でも同様のことです 他の材料よりは強度に優れているので、頻度は少ないです

何かご質問等ありましたら、気軽にスタッフまでお声掛けください(^^)

ジルコニアって?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*