スタッフブログ

支台歯形成の実習

こんばんわ、大木歯科医院、歯科医師の比嘉です。
先日、京都市で開業されている、窪田先生をお招きして、支台歯形成の実習がありました。
支台歯形成とは、歯に被せ物を装着する際に、土台となる歯を削って形作る処置のことです。
ただ単に削る訳ではなく、最終的に被せる歯の形をイメージして、厚みや形態を調整していきます。
きちんとした支台歯形成を行うことで、適合がよく、より長持ちしやすい被せ物が出来上がります。
患者さんに装着した被せ物が、機能的にも審美的にも長持ちするよう、今回の実習で得た技術を最大限応用して行こうと思います。

支台歯形成の実習

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*