スタッフブログ

CAD/CAM時代に向けて

以前に、セレックのセミナーを受講してからe.maxのクラウンとインプラント上部構造、最近では、プロビジョナルクラウン(仮に被せるきれいな仮歯)もCAD/CAMで製作しています。
歯科業界もデジタルにシフトしていってます。時代に取り残されないように、日々、精進していきます。

生川

CAD/CAM時代に向けて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*