スタッフブログ

セレックのバージョンアップ

先日、当医院で使用しているCAD/CAM(セレック inLab)ソフトのバージョンアップを行いました。
これにより、最新のジルコニアブロックや新製品のセラミックブロックの加工が可能になります。
特に、ジルコニア加工の場合、以前よりも細いミリングバーを使用するので、加工終了後の外形調整や、シンタリング(高温で焼き固める)後の適合調整の時間短縮ができます。

歯科業界もどんどんとデジタル化が進んできています。機械で出来ることは機械に任せ、アナログとデジタルの融合といった、頭を柔軟にしてこれからも努力していきたいものです。

生川

 

 

 

セレックのバージョンアップセレックのバージョンアップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*