スタッフブログ

インプラント上部構造の製作

まだまだ、寒い日が続いていますが、花粉飛散量の情報をみると、春は近づいていますね。今年も、早めの対策で乗り切りたいです。

大木歯科医院では、連日、院長はじめ他のDr.もインプラント埋入のオペをおこなっています。技工もインプラント上部構造の製作が、増えてきました。
画像は、天然歯に近い硬さといわれているe.maxでの製作途中です。これとチタンのアバットメント(支台)と専用のセメントで接着させ、上部構造の完成です。
口腔内セットは、フィクスチャー(骨に埋入されているインプラント)にスクリュー固定します。
歯を失った患者様に少しでも、喜んで頂けるよう 技術向上に頑張ります。

歯科技工士       生川

 

インプラント上部構造の製作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*