スタッフブログ旧ブログ

普通の虫歯とは違う!?酸う蝕

こんにちは。歯科衛生士の山崎です(^^)

皆さんは酸う蝕ってご存知ですか?

う蝕は、プラーク(歯垢)の中にいる虫歯菌が、糖分(炭水化物)を栄養にして「酸」をつくり、その「酸」によって歯が溶ける病気です。
酸蝕とは口の外から入ってきた「酸」や身体の中からの「酸(胃液)」によって歯が溶ける病気です

酸う蝕は、酸性の飲食物が口の中全体に広がりますので、溶ける範囲が広くまた浅いため気づきにくいものです。
しっかり歯磨きしているのに、何故かすぐ虫歯になってしまう。昔はそんなに虫歯にならなかったのに、最近よく虫歯になる。
そんな方は、もしかすると食生活が深く関わっているのかもしれません。

少しでも思い当たる節のある方は、当院スタッフまで確認してみて下さいね☆

普通の虫歯とは違う!?酸う蝕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*