院長ブログ

コロナ禍の虫歯予防講演

こんにちは!大木歯科医院 院長の笠井です。

毎年6月4~10日は、日本歯科医師会が定める『歯と口の健康週間』です。

例年この期間の活動として、近所の保育園の園児向けに、当院の歯科衛生士と管理栄養士による「虫歯予防講演」を行なってまいりました。

この週間が定められた目的は、『歯と口の健康に関する正しい知識を国民に対して普及啓発するとともに、歯科疾患の予防に関する適切な習慣の定着を図り、併せてその早期発見及び早期治療等を徹底することにより歯の寿命を延ばし、もって国民の健康の保持増進に寄与すること。』となっております。(日本歯科医師会Webサイトより引用)

ただし今年はコロナ感染拡大防止の観点から人が集まっての講演が行えないため、園児のために何かできることがないか意見を出し合った結果、虫歯予防講演を動画に収めてYouTubeで配信しました。

 

 

 

実際に園児の皆さんの反応を見ることが出来ないのが残念でなりませんが、この動画を見てくれた園児のこれからの健康に少しでも寄与することができれば幸いです。

これからも歯の大切さについて、子供からお年寄りまで幅広く情報発信して、健康寿命を伸ばす活動を積極的に行っていこうと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る