院長ブログ

矯正治療にかかる費用は?矯正治療に必要な費用を解説!

三重県鈴鹿市 大木歯科医院
歯科医師 院長 笠井啓次

歯並びが気になって矯正治療を考えているけど、費用がどれくらいかかるのか疑問に思う方も多いはず。ここでは矯正治療にかかる費用を徹底解説していきます。

矯正治療の目安の費用は500,000〜1,500,000円

矯正治療は機能面を改善するだけでなく、歯並びを良くして見た目を改善する審美的な意味合いもあり、現在国が認めている疾患に該当しないため健康保険の対象にはなりません。自由診療によって行われており、目安の費用は500,000〜1,500,000円が一般的です。

矯正治療の費用には以下の5つが含まれています。
・カウンセリング料
・診査診断料
・矯正料
・診察料
・保定装置料
歯科医院、歯科医師の考え方、使用する装置などによって価格に違いがあります。治療開始前に理解しておくことが大切です。

カウンセリングの費用は無料〜5,000円

無料〜5,000円と気軽にカウンセリングを受けやすい価格に設定されています。

矯正治療を始める前はカウンセリングを行い患者さんの希望を聞き、治療の流れや費用、期間など相談に応じます。

診査、診断料の費用は10,000〜50,000円

診査、診断料の目安は10,000〜50,000円の費用がかかります。診査、診断ではレントゲン、CT、歯型採得、口腔内写真など精密検査を行います。データをもとに診断し、治療計画をたてていきます。

矯正装置の費用は種類によって異なる

診査、診断、症例、歯科医院によって使用する矯正装置が異なります。診査、診断をもとにどの矯正方法を行うか決めていきます。
主な矯正装置は以下の4つ。
・ワイヤー矯正
・裏側矯正
・マウスピース矯正
・インプラント矯正

ワイヤー矯正

一般的な矯正装置で700,000〜1,500,000円ほど費用がかかります。ワイヤー矯正ではブラケットと呼ばれる装置を歯に装着し、ワイヤーを通して矯正します。

白いブラケットやワイヤーで目立たずに矯正を行うことができますが、費用は高くなる傾向にあります。

裏側矯正

歯の裏側で行う矯正では1,000,000〜1,800,000円ほどかかり、表側の矯正より高くなる傾向にあります。

マウスピース矯正

前歯だけなど歯の移動量が少ない場合は550,000〜700,000円、歯全体を矯正する場合は1,000,000〜1,400,000円と費用が必要です。

インプラント矯正

目安の費用は10,000〜50,000円です。
小さな矯正用インプラントを埋入して、歯を動かすときの固定源として使用する方法です。ワイヤー矯正の際必要に応じてインプラント矯正が必要になる場合があります。

通院時の費用は3,000〜5,000円

矯正治療では月に1回、数ヶ月に1回と通院しワイヤー交換や調整を行います。毎回診察料がかかる場合が多く、費用は3,000〜5,000円が一般的です。

保定装置の費用は装置によって異なる

矯正終了後は後戻りを防ぐために、保定装置を使用します。保定装置は無料〜60,000円と種類によって異なります。

矯正にかかった費用は医療費控除の対象

医療費控除とは1年間に100,000円以上の医療費を支払った場合に控除が適用され、税金の一部還付を受けることができる制度です。

矯正治療の場合、噛み合わせの改善による噛む、食べる、発音などの「口腔機能の回復」が主な目的とし、治療が必要であると認められた場合に限られています。

まとめ

矯正治療の目安の費用は500,000〜1,500,000円ほどかかる高額な治療です。目安の費用の他に、診察料が別途でかかったり、期間が長くなるとその分費用がかかったりします。

支払い方法も歯科医院によって異なり、治療前に一括で支払う総額制や通院ごとに支払いをする都度払いなど様々な支払い方法があります。矯正治療を始める際は、支払い方法など確認することを忘れないようにしましょう。

三重県鈴鹿市 大木歯科医院
歯科医師 院長 笠井啓次

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る