院長ブログ

出っ歯は矯正した方がいい?|放置するリスクを解説

三重県鈴鹿市 大木歯科医院

歯科医師 院長 笠井啓次

 

出っ歯は見た目が気になってしまうため、矯正を検討されている方も多いのではないでしょうか?なかには出っ歯を個性としている方もいますが、出っ歯を放置すると様々なリスクがあります。今回は出っ歯を放置するリスクについて解説します。

出っ歯を放置するリスク

矯正治療は期間が長く、保険がきかない高額な治療です。そのため治療へのハードルが高く、放置してしまいがちです。出っ歯を放置すると様々なリスクがあります。

虫歯・歯周病のリスク

出っ歯の方は、口が開きやすく口呼吸になりがちです。口呼吸は口の中を乾燥させ、口の中の細菌が繁殖しやすい環境になります。また出っ歯では歯の並びが悪いことが多く、歯ブラシが届きにくくなるため、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

奥歯にかかる負担が増える

食事の際、前歯は噛み切る役割をもっていますが、出っ歯の方は噛み切ることが難しいことが多く、奥歯の使用頻度が高くなる傾向にあります。奥歯の負担が増えると、欠けたり割れたりするリスクが高くなり、奥歯を失うことが考えられます。

転倒などによる前歯の損傷リスク

出っ歯の方が転倒すると、前歯を損傷するリスクが高いといわれています。歯が破折してしまった場合は、症状により神経を取る処置を行うか、歯を抜かなけばなりません。

出っ歯の矯正方法

主な矯正方法に
・ワイヤー矯正
・裏側矯正
・マウスピース矯正
が挙げられます。ワイヤー矯正や裏側矯正ではどんな出っ歯でも矯正は可能ですが、マウスピース矯正は症例によって治療はできない可能性があります。

また、近年ではセラミック矯正と呼ばれている治療方法もありますが、歯を大きく削って内側にはいっているように見せるので、歯の軸やかみ合わせの改善ができません。
どの治療方法も症例により、向き不向きがあるので、矯正を検討される場合は歯科医院でしっかり説明を受け、納得したうえで治療を開始しましょう。

まとめ

出っ歯を放置すると虫歯や歯周病といったリスクが高くなる他に、歯の寿命が短くなってしまうなど、様々なリスクがあります。

矯正治療は1年半~2年と長期間になり、高額な治療方法ですが、10~20年後を考えると矯正を行って後悔することは少ないのではないでしょうか?

矯正治療を行っている歯科医院では、矯正相談を設けています。気軽に相談できる機会なので、矯正でお悩みの方は一度受診することをおすすめします。

 

三重県鈴鹿市 大木歯科医院

歯科医師 院長 笠井啓次

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る