院長ブログ

入れ歯のメリットとデメリットは?

三重県鈴鹿市 大木歯科医院

歯科医師 院長 笠井啓次

 

失った歯を補う方法の一つに「入れ歯」があります。入れ歯の種類は「部分入れ歯」と「総入れ歯」に分けられます。

保険の入れ歯では安く製作可能な入れ歯ですが、メリットとデメリットがあります。治療前に理解しておきましょう。

入れ歯の種類

部分的に失った歯を補うために使用する「部分入れ歯」と、全て失ってしまった歯を補うために使用する「総入れ歯」があります。

入れ歯には保険適用外があり、ノンクラスプデンチャーと呼ばれる金属のバネを使用しないタイプや、金属床と呼ばれる薄くて軽い総入れ歯があります。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

ノンクラスプデンチャーと呼ばれている自費の部分入れ歯は、バネの部分に金属を使用しません。そのため目立たないメリットはありますが、金属をしないため、強度が劣り、噛む力が入らないデメリットがあります。

総入れ歯の場合は、チタンなどの金属を上顎の部分に使用します。薄く、熱伝導率が高いので食事の温度がわかります。保険のプラスチックの素材と比べてチタンは軽いため、違和感なく快適に過ごすことができます。

入れ歯のメリット

入れ歯は取り外しができるため、違和感や痛みを感じた場合、調整がしやすい最大のメリットがあります。

入れ歯のメリットは、
・短期間で製作が可能
・保険が適用されるため安く製作ができる
・保険外になるが、バネが目立たないタイプがある
・修理や調整がしやすい
・取り外して洗浄ができるため清潔に保てる

保険が適用されませんが、バネが目立たない部分入れ歯を製作することが可能です。

入れ歯のデメリット

入れ歯には以下の4つのデメリットがあります。
・硬いものが食べにくい
・毎日手入れをしなければならない
・保険の部分入れ歯ではバネが目立つ
・保険の総入れ歯はプラスチックで厚みがあり、温度が伝わりにくい

取り外しが可能なため、毎日手入れをしなければならないのはメリットでもあり、デメリットでもあります。

よく入れ歯では硬いものが食べにくいと言われているように、自分の歯のように噛めません。

また保険の総入れ歯ではプラスチックレジンで製作されるため、非常に厚さがあり、熱が伝わりません。そのため食事の温かさが伝わりにくいデメリットがあります。

まとめ

入れ歯には部分入れ歯と総入れ歯の2種類に分けられ、保険治療か自費治療で製作ができます。

入れ歯は失ってしまった歯を補うための一つの選択肢です。「安いからいい」「高いからいいもの」と安易に決めず、メリットとデメリットをしっかり理解したうえで、「口の中に合った最適な入れ歯」を選びましょう。

 

三重県鈴鹿市 大木歯科医院

歯科医師 院長 笠井啓次

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る