院長ブログ

入れ歯とインプラントのメリットとデメリット

三重県鈴鹿市 大木歯科医院

歯科医師 院長 笠井啓次

 

歯を失ったときに補う方法は、インプラント・ブリッジ・入れ歯が挙げられます。失った歯の本数が多かったり、架け橋になる歯が弱くてブリッジができない場合はインプラントか入れ歯の選択になります。今回は入れ歯とインプラントの違いについて解説します。

インプラントとは

インプラントは歯を失った際に、人工歯根の代わりになるインプラント体を埋入して人工歯を装着する治療方法です。

インプラントのメリットは、周囲の歯を傷つけずに単独で歯を補うことができて、天然の歯と同じように噛めることです。審美性が高いので、周囲にもインプラントが入っていると気づかれることがほとんどありません。

しかし、保険が適用しないため、費用が高額になってしまうのと、治療期間が入れ歯やブリッジと比較すると長くなります。

部分入れ歯とは

部分入れ歯は、両隣の歯にバネをかけて固定するタイプの義歯です。取り外しができるので、衛生的に保つことができます。保険が適用するので安価で作製ができます。また、審美性を求める方には自由診療のバネのない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)で自然な見た目の入れ歯が作製可能です。

デメリットは健康な歯にバネをかけるので、負担がかかりやすく、入れ歯に慣れるまで違和感があることです。

総入れ歯とは

すべての歯を失った際は、総入れ歯を作製して歯を補います。上顎の総入れ歯は粘膜に密着させて、下顎の場合は歯ぐきの上に装着します。保険が適用するので比較的安価ですが、粘膜を覆ってしまうので、味覚や温度が感じにくくなることがあります。そのような場合は入れ歯の素材を変えることで感じやすくなりますが、自由診療となるため費用が高額になります。

 

メリット デメリット
インプラント ・天然の歯と同じようなかみ心地と見た目
・自分の歯のように磨ける
・違和感が少ない
・固定式なので外す必要がない
・自由診療となるため高額
・手術が必要となる
・治療期間が長い
・メンテナンスが必要
部分入れ歯 ・保険適用で安価
・治療期間がインプラントと比較して短い
・外して洗えるため衛生的
・バネが目立ってしまう
・バネをかける歯に負担がかかってしまう
・慣れるまで違和感がある
・インプラントと比較すると噛めない
総入れ歯 ・保険適用で安価
・治療期間がインプラントと比較して短い
・外して洗えるため衛生的
・しっかりと粘膜で密着した総入れ歯は噛みやすい
・味覚や温度が感じにくい
・慣れるまで違和感がある
・発音が悪くなることがある
・バネを使用しないので、見た目が自然に近い

 

メリットとデメリットを理解して選択することが大切

インプラントも入れ歯も治療したら終わりではなく定期的なメンテナンスが必要となります。歯を失った際はそのままにせず、歯科医院に受診をして歯を補うことが大切です。

どの治療にもメリットやデメリットがあるので、治療を選択する際は内容を理解し、納得したうえで始めましょう。

 

三重県鈴鹿市 大木歯科医院

歯科医師 院長 笠井啓次

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る