院長ブログ

今、注目を浴びているマウスピース矯正|5つのメリット

三重県鈴鹿市 大木歯科医院

歯科医師 院長 笠井啓次

 

食事や歯磨きのときは外していつもとおり行えるマウスピースは、近年注目を浴びている矯正治療方法。透明なマウスピースを一日22時間以上装着して、歯を動かす治療方法は以前のワイヤー矯正と比較して目立たないのが最大のメリット。マウスピース矯正のメリットを解説します。

マウスピース矯正のメリット

最大のメリットは透明な装置で目立たないこと。薄くて透明なマウスピースを装着して歯を動かします。マウスピース矯正のメリットを5つ紹介します。

薄くて透明な装置で目立たない

マウスピース矯正に使用する装置は、薄くて透明なプラスチック素材を使用します。透明で目立たないので、人前で笑って気づかれにくい特徴があります。ワイヤー矯正では見た目が気になって治療に踏み切れなかった方でも、マウスピース矯正は治療のハードルが低くなり、治療を希望される方も増えています。

期間ごとに交換するので衛生的

マウスピース矯正では、決められた期間ごとに新しいものに交換します。プラスチック素材は、変色しやすいですが期間ごとに新しくなるので、衛生的に保つことができます。

食事の際は外して食べられる

食事の際は外して食べられるので、いつもとおりに食事が楽しめます。歯磨きのときも外して行うので、取り外しができないワイヤー矯正と比べると、汚れが蓄積しにくく、虫歯や歯周病のリスクが軽減します。

イベントでは外して参加できる

矯正中でも、結婚式やお食事会など大事なイベントが控えている方も多いはず。マウスピース矯正は大事なイベントの日は外して参加することが可能です。

しかし、外している時間が長いと計画通りに治療が進まなくなるので、イベントが終了したらすぐに再装着しましょう。

脱落といったトラブルが少ない

ワイヤー矯正では歯の表面にブラケットを装着して矯正を行いますが、ブラケットが脱落してしまうことがよくあります。マウスピース矯正では歯を動かすためのアタッチメントを付けない限り、脱落の心配はありません。マウスピース自体は歯と歯肉を覆うように製作されるので、就寝中にマウスピースが取れてしまう心配もありません。

まとめ

マウスピース矯正は透明な装置で目立たずに矯正治療が行える治療方法。しかし、すべての症例に対応していません。マウスピース矯正を検討している方は歯科医院での適切な診査・診断を行って、メリットとデメリットを十分に理解したうえで始めましょう。

 

三重県鈴鹿市 大木歯科医院

歯科医師 院長 笠井啓次

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る