スタッフブログ

目指せ!潤うお口!

みなさんこんにちは、大木歯科医院、歯科助手、管理栄養士の小野寺です!
もうすっかり春ですね!花粉症には苦労しています^^;
乾燥しやすい季節ですが、最近「口の中がカラカラする」「口唇が乾く」「口の中がネバネバする」「口内炎ができやすい」「話しづらい」「口唇や口角が切れやすい」などといった症状はないですか?これは口腔乾燥のサインです!
お口の中の唾液の量が減ると、乾燥感やねばつき、はなしづらさ、乾いた食べ物の噛みづらさなどを感じます。また唾液の量が減ると、お口の中の洗浄作用が少なくなり、むし歯や歯周病のリスクが高まってしまいます!!さらに食べ物によって下がったpHがなかなか元に戻らなくなり、歯の表面(エナメル質)の脱灰が進んでしまいます!
このように唾液の量が減ることで様々な作用が弱まってしまうので、食事の時はよく噛んで唾液腺を刺激してあげたり、口呼吸を鼻呼吸にかえたり、加湿器をつけ空気の乾燥を防いだり、規則正しい生活を送って自律神経のバランスを整えたりしましょう!(*^^*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*