院長ブログ旧ブログ

前歯部の抜歯即時埋入インプラント

抜歯即時埋入とは、抜歯をした後すぐにインプラントを顎の骨に埋入する治療法です。

従来のインプラント治療では、抜歯後は歯肉がふさがるまで待ってからインプラントを埋め込みます。

今回のインプラントオペは、右上1番の抜歯即時埋入の症例です。

もともと失活歯で、硬いアイスを食べた際に破折しました。

今回はCT撮影後、シミュレーションソフトを使用してインプラントを埋入する位置と角度などを決め、そのデータを元にして、インプラントを埋入する際に適切な位置を誘導するサージカルガイドを制作してのオペとなりました。

麻酔後、残せなくなった歯を抜歯し、サージカルステントを用い正確な埋入ポイントと深さにドリルで穴を開けます。

インプラント体埋入後、人工骨と口蓋からの上皮下結合組織の移植(CTG)をして、オペが終了し翌日止血確認後、仮歯を装着しました。

今後の流れとして、インプラントと骨がしっかりと結合するのを待ってから、最終的な補綴物を装着し、全ての治療が完了します。

抜歯即時埋入のメリットとして、抜歯した部分の骨の回復が早い。

治療期間が短縮される

手術の回数が減らせる

など、メリットが沢山ありますが、患者様の顎の骨の状態によって抜歯即時埋入が出来ない場合もあります。

術前にしっかりとカウンセリングと診査をすることが大切となります。

前歯部の抜歯即時埋入インプラント前歯部の抜歯即時埋入インプラント前歯部の抜歯即時埋入インプラント前歯部の抜歯即時埋入インプラント前歯部の抜歯即時埋入インプラント前歯部の抜歯即時埋入インプラント前歯部の抜歯即時埋入インプラント前歯部の抜歯即時埋入インプラント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*