院長ブログ旧ブログ

インプラント治療

こんにちは大木歯科医院 院長の笠井です。

大木歯科医院では近年、骨が少ないのでインプラントはちょっと難しいかな〜とインプラント治療を断られた患者様が多く来院されています。骨の移植術を日常的に行っている医療機関はまだまだ少ないように思います。

当院でも10年前は上あごの奥歯については骨が少ない患者様に対しての骨の移植手術は困難なので手が出せないと考えておりましたが、とりあえず、術式は学んでおこうと思い地道に研修を続けておりました。

それから数年感の間に、各種、最新医療機器が現れました。

歯科界に微量のX線で鮮明な画像データが得られる歯科用CTが普及し、術前に今までみえなかった部位の構造が立体的に把握することが出来るようになりました。

更に上顎の奥歯に対する骨の移植術は上顎洞の表面の粘膜を破らないように骨を削る技術が求められるのですが、従来はドリルにて骨を削っていたのが、超音波にて骨を削る器具が普及、さらに、粘膜を万が一破ったとしてもそれをリペアするための対処の一つとして血液由来の移植剤CGF(血液を濃縮してゼリー状にしたもの。細胞の成長因子が含まれており、治癒も促進される。)を院内で容易に順位出来るための器具も導入され、様々な歯科医療技術の進歩により、手術の難易度のハードルを一気に下げることが出来ました。

とは言うものの、骨の移植を伴うインプラント手術は通常の手術に比べると治療期間も長くなり、外科的侵襲、治療コストもかかりますので、出来る限り骨の移植を行わずに対応する方法を第1に検討しています。

インプラント治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*