お知らせ

津波避難タワー建設工事の進捗状況

三重県鈴鹿市長太地区に立地する大木歯科医院は、海岸線から約300mの場所にあり、大規模地震による被災時は1〜2mの津波による浸水が予想されています。この自然災害への備えとして、2020年10月に津波避難タワー建設工事を着工させました。

津波避難タワーの建設の状況についてこちらのブログでお知らせしておりますので、ぜひご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る