症例紹介

口腔外科・親知らず矯正歯科

正中埋伏過剰歯

7歳の男の子です。前歯の歯の間が大きく開いていることを気にされて来院されました。

レントゲンにて確認させていただきましたところ、正中埋伏過剰歯といって標準的な歯の数より多く歯が存在し、正規の歯がうまく生えることができない状態になって見えました。
それほど珍しいものではありませんが、永久歯がそれにより位置が大きく外れてしまった場合には部分矯正により改善を試みたほうが良い場合がございます。

Before

After

術前正面

術後正面

術前咬合面

抜歯後矯正治療中

抜歯後・矯正治療前

抜歯後矯正治療中

術前デンタル

抜歯した正中埋伏過剰歯

現在、3番目以降の歯が生え変わるのを待っています。

矯正歯科について詳しくはこちら
(矯正歯科専門サイトへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る