院長ブログ

矯正は痛くないと効果がない?|矯正治療で伴う痛みについて解説

三重県鈴鹿市 大木歯科医院

歯科医師 院長 笠井啓次

「矯正治療の痛みは歯が動いている証拠」といわれるように痛みがあり、矯正に不安を感じる方もいるのではないでしょうか?今回は矯正治療に伴う痛みについて解説します。

矯正中に伴う痛みの種類

歯が動くときの痛みと、矯正装置が粘膜に当たって傷ができて痛む場合があります。個人差が大きく矯正治療中、痛みが全くない方もいます。

歯が動くときは痛いと感じやすい

歯が動き始めると痛みを伴うことが多いです。原因は歯が動く仕組みにあります。歯は歯槽骨という骨で支えられており、矯正によって動かしたい方向に力を加えると、移動する方向に骨が吸収され、力を加えた方に骨ができます。

骨の吸収が始まると、痛みの物質(プロスタグランジンE2)がでます。そのため、矯正治療を始めたばかりは痛みがでやすくなります。

装置が粘膜に当たると傷がつきやすい

ワイヤー矯正では、歯の表面にブラケットとワイヤーを装着するため、口の中が凹凸になります。そのため、装置が口の粘膜に当たりやすくなり、傷ができたり、口内炎ができたりします。傷ができると口内炎を発症しやすくなるため、矯正治療中は口内炎との戦いともいわれています。

痛いときの対処法

歯が動くときの痛みは装置を装着してから、半日くらいから痛みを感じ始めて、翌日にピークを迎えます。とくに矯正を始めたばかりは痛みが強く、2回目、3回目以降のワイヤー交換では、痛みが弱くなる傾向にあります。

ほとんどの場合は、3日頃で痛みが緩和され、1週間もすれば痛みがなくなることがほとんどです。

痛いときの対処法として、痛み止めを飲むことも効果があります。また、装着直後に我慢できなほどの痛みであれば、ワイヤーの力が強すぎる可能性があるので、その場で担当医に伝えましょう。

ブラケットやワイヤーが粘膜に当たって傷ができやすい場合は、矯正用ワックスを使用して、装置が粘膜に触れないようにします。またワイヤー矯正は歯が動くにつれてワイヤーの先端が出て、粘膜に当たり、傷ができやすくなることがあります。その場合は歯科医院で先端を切ってもらいましょう。

まとめ

歯が動くときの痛みは、今までに感じたことのない痛みで驚かれる方も多いです。ほとんどの場合は3日目から痛みが弱くなる傾向にありますが、あまりにも痛みが強い場合は、我慢せず歯科医師に相談することをおすすめします。

個人差がありますが、矯正中は口内炎ができやすい環境にあります。矯正用ワックスなど上手に使用しましょう。

三重県鈴鹿市 大木歯科医院

歯科医師 院長 笠井啓次

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る