院長ブログ

入れ歯の様々な種類と特徴

三重県鈴鹿市 大木歯科医院

歯科医師 院長 笠井啓次

 

失った歯を補うための方法に、入れ歯やブリッジ、インプラントが挙げられます。ブリッジやインプラントによる治療が困難な場合、入れ歯が選択肢になることがあります。入れ歯はどのような治療方法なのか、解説します。

入れ歯の種類

入れ歯は「部分入れ歯」と「総入れ歯」に分けられます。部分入れ歯は、残っている歯にバネをかけて固定源とし、歯を失った部分に装着します。

総入れ歯はすべての歯を失った場合に装着する入れ歯で、歯ぐきや粘膜を固定源とします。どちらも取り外しができるため、常に清潔に保つことができます。

入れ歯のメリット

入れ歯のメリットを紹介します。
・連続して歯を失っている場合でも対応ができる
・治療期間が短期間で済む
・調整や修理がしやすい

入れ歯はどんなお口の状態でも作製ができます。歯を1本だけ失った場合や所々失ってしまった歯でも部分入れ歯で対応することが可能です。

一度作製した入れ歯が合わなくなったり、欠けたりした場合でも新しく作製せずに、その入れ歯で調整や修理ができることがあります。

入れ歯のデメリット

入れ歯のデメリットを紹介します。
・食べかすが挟まりやすい
・慣れるまで食べにくい
・違和感がある

お口の中は髪の毛が1本でも入ると違和感があるように、非常に敏感なところ。そのため、入れ歯も慣れるまでは違和感があります。また、食べかすが挟まりやすく、食べにくいことが挙げられます。

保険の総入れ歯では、プラスチック素材を使用しているので、熱が感じにくくなります。そのため、料理の温かさが感じにくくなり、料理の味わいに影響があります。

保険の入れ歯と自由診療の入れ歯の違い

入れ歯にも保険が適用する入れ歯と自由診療の入れ歯があります。違いを解説します。

部分入れ歯

保険の入れ歯は、歯に引っかけるバネが金属製となり、目立ってしまうデメリットがあります。自由診療の部分入れ歯は、バネの部分が歯茎に近い色をしており、目立ちません。

総入れ歯

保険の総入れ歯はプラスチック素材を使用しており、厚みがあります。そのため、熱が感じにくく料理の温かさや味わいに影響があります。

自費診療の総入れ歯は、目立たないところに金属を使用し、保険の入れ歯よりも厚みが薄くなります。また金属を使用しているため、食事の温度が感じやすくなり、味を損ねること無く料理を楽しむことができます。

まとめ

失った歯を補う治療方法は入れ歯、ブリッジ、インプラントがあります。入れ歯は保険が適用し、どのお口の状態でも作製できるのでブリッジやインプラント治療が困難でも歯を補うことができます。

失った歯をそのままにしておくと、歯並びやかみ合わせが変わってしまう可能性があります。どの治療にもメリットとデメリットがあるので、治療方法を選択する際は歯科医師の説明をしっかり聞いて治療方法を選択しましょう。

 

三重県鈴鹿市 大木歯科医院

歯科医師 院長 笠井啓次

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る