鈴鹿・四日市・亀山で、歯科・矯正歯科・インプラント・ホワイトニング・各種保険診療のことなら大木歯科医院

鈴鹿インプラント矯正クリニック

WEB予約はこちらから(http://ssc.doctorqube.com/ohki-dental/pc/)

三重県鈴鹿市南長太町鎗添2504-2 受付時間 8:30より 診療時間 9:00〜19:30

診療紹介
  • 初めての方へ
  • 気になる症状
  • 症例紹介
  • WEB予約
  • よくあるご質問
  • コラム
  • 院内ツアー
  • 保険治療、虫歯、歯周病、インプラント、入れ歯、ホワイトニング、矯正歯科、小児歯科など多彩な診療メニュー
  • 痛みが怖い!という方に 痛みの少ない治療
  • 歯を取り戻したい方に インプラント
  • 虫歯・歯周病の方に 一般歯科
  • 安心のオペ室完備 口腔外科
  • 憧れの美しい歯に 審美歯科
  • 定期的な健診を 予防歯科
  • お子様もおまかせ! 小児歯科
  • 美しさと機能面大切に 矯正歯科

妊婦さん、授乳婦さんへの歯科治療

妊婦さんへの歯科治療

妊婦さんへの歯科治療

 

妊娠○ヶ月からが妊娠○期

①〜妊娠3週

胎児は細胞分裂するだけ→奇形の心配なし

 

②妊娠初期(2〜4ヶ月 4〜15週)

2ヶ月(4〜7週):重要臓器の発生・分化

3ヶ月(8〜11週):性器の分化、口蓋の閉鎖

4ヶ月(12〜15週):臓器の形成完了

 

③妊娠中期(5〜7ヶ月 16〜27週)

比較的安全

 

④妊娠後期〜末期(8〜10ヶ月 28〜39週)

初期よりも注意が必要

治療時に注意すること

①妊娠初期(2〜4ヶ月 4〜15週)

 流産、つわり、体位性低血圧

 治療は応急処置にとどめる

 

 薬剤の影響

 胎児致死、流産、奇形、発育の抑制

 

 NSAIDsでの催奇形性はない

 投薬時に注意するのは抗菌薬!

抗菌薬が胎児に与える影響

ペニシリン系、セフェム系、マクロライド系

→証明された危険性がないため、比較的安全

 

ニューキノロン系(クラビット)

→危険性がある可能性あり、一部禁忌

 

テトラサイクリン系

→歯牙着色、先天性欠損、母体肝障害のため

                  禁忌

治療時に注意すること

②妊娠中期(5〜7ヶ月 16〜27週)

比較的症状少なく安定、仰臥位性低血圧

治療は出産までに終了すべき通常の歯科治療

が可能→安定期

 

薬剤の影響

抗菌薬は初期と同じ選択を

鎮痛薬に関してはロキソニン、カロナールで

治療時に注意すること

③妊娠後期〜末期(8〜10ヶ月 28〜39週)

妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)に注意

→高血圧、尿タンパク、浮腫のうちの1つ、もしくは2つ以上の症状が見られ、それが妊娠前から持っている症状ではないもの

 頻度は妊婦の約1割

 

治療は応急処置にとどめる

 

薬剤投与には厳重注意必要

妊娠後期の妊婦への薬剤

 注意すべきは酸性NSAIDs=禁忌

(ロキソニン、ボルタレン)

 

 酸性NSAIDsのPG合成抑制作用により、胎児動脈管の収縮を起こし、死産あるいは出生後に新生児肺高血圧症、胎児循環持続症を起こすことがある。

 そのほか、腎機能障害を起こし、尿量を減少させ、羊水過多を招いたり、分娩・出産を送らせる作用、血を止めにくくする作用がある。

 

 →原則として、アセトアミノフェン、塩基性NSAIDs     

  を使用

 

授乳婦さんへの歯科治療

授乳婦さんへの歯科治療

 

出産後、治療開始時期

産後1ヶ月以降であれば一般的な歯科処置可能

 

授乳開始は

①出産後、身体を休めて翌朝から

②出産後、4時間を過ぎてから

 

薬剤投与には注意が必要

授乳婦さんへの薬剤投与

①抗菌薬

 ニューキノロン系(クラビット等)以外は、使用可能

 

②鎮痛薬(NSAIDs)

添付文書:授乳中には使用しないか、投与する場合は授乳を避けさせる、と書かれてある。

WHOの見解:短期間の使用は問題ない。乳汁中に移行する量はわずかであり、授乳を避ける必要はない、としている。

→服用後2時間空ければ問題ない

→第一選択はアセトアミノフェン

 

患者様に対して①

「妊娠しているのですが、薬のんでも大丈夫ですか」

 

○妊娠中にお薬を飲むと、赤ちゃんにも送られてしまいます。歯科医院では必要と考えて、最小限のお薬をお出ししますが、かかりつけの産婦人科の先生にも一度相談してみてください。

患者様に対して②

「授乳中ですが、お薬飲んでもいいんですか」

 

ほとんどのお薬は母乳中に移行しますが、その量は極めて少量です。授乳中に服用してはいけないお薬は、抗がん剤、免疫抑制剤などの毒性の強い薬、検査の際に使われる造影剤や放射性のある薬、母乳の分泌を抑えてしまうような薬などで、抗菌薬、鎮痛剤は飲んでいても授乳が可能です。心配でしたら、薬を飲む前に母乳をあげるとよいでしょう。お母さんの方で飲む時間を調整してみてください。

 

参考文献

歯科におけるくすりの使い方2011-2014

デンタルダイヤモンド社

 


お問い合わせ

*は必須項目です
 内容 無料メール相談 お問い合わせ その他
名前 姓   名 
メールアドレス
 性別 男性女性
 住所
-
都道府県
市区町村番地
マンション・ビル名
電話番号- -
メッセージ