鈴鹿・四日市・亀山で、歯科・矯正歯科・インプラント・ホワイトニング・各種保険診療のことなら大木歯科医院

鈴鹿インプラント矯正クリニック

WEB予約はこちらから(http://ssc.doctorqube.com/ohki-dental/pc/)

三重県鈴鹿市南長太町鎗添2504-2 受付時間 8:30より 診療時間 9:00〜19:30

コラム
  • 初めての方へ
  • 気になる症状
  • 症例紹介
  • WEB予約
  • よくあるご質問
  • コラム
  • 院内ツアー
  • 保険治療、虫歯、歯周病、インプラント、入れ歯、ホワイトニング、矯正歯科、小児歯科など多彩な診療メニュー
  • 痛みが怖い!という方に 痛みの少ない治療
  • 歯を取り戻したい方に インプラント
  • 虫歯・歯周病の方に 一般歯科
  • 安心のオペ室完備 口腔外科
  • 憧れの美しい歯に 審美歯科
  • 定期的な健診を 予防歯科
  • お子様もおまかせ! 小児歯科
  • 美しさと機能面大切に 矯正歯科

大木歯科医院がセラミック治療をおすすめする理由

大木歯科医院がセラミック治療をおすすめする理由

 一度治療した所が、もう1度むし歯になるというご経験はありませんか?

 

■理由は...?

治療前と同様にうまく歯磨きができなかったことが考えられますが、実はそれ以外に重大な原因があります。

 

一般的にむし歯治療に行われる詰め物の材料は大きく分けて、金属、プラスチック、セラミック の3つがあります。

 

金属は、丈夫であることと比較的加工しやすいという理由で、数十年前からよく使われています。

しかし、金属は見た目があまりよくない。

金属アレルギーの原因になる。という欠点があります。

あと、性能面における最大の欠点は熱を加えた時に伸び縮みしてしまうことです。

すべての材料は熱を加えた時に伸び縮みしますが、特に金属は伸縮率がセラミックに比べ大きく数年間の間に、熱膨張により接着剤が崩壊します。

 

■セラミックは熱膨張しにくい

物質は熱くなると長さや体積が少しずつ大きくなります。この現象を熱膨張といい、材料によって伸びる長さは異なります。温度が1℃上がったときにどれだけ伸びるかを調べたのが熱膨張係数です。セラミックスは、金属と比べると熱膨張係数が小さな物質です。

 

■熱膨張係数とは

温度変化に対して物質が膨張する割合を熱膨張係数といい、セラミックスはこれが小さく、温度変化に対する変形量が少ない物質です。物質の熱膨張係数は、構成する原子間の結合の強さに依存します。

 

■セラミック治療のメリット

金属に比べセラミックは見た目がよく強度もあり、性能面では最も好ましい材料です。

欠点は保険が適応されないので高額にはなりますが、非金属で生体親和性もよいためアレルギーの心配がありません。

特にセラミックの中で最も強度の高いジルコニアに関しては、従来のセラミック製品の2~3倍の強度を持ちます。

・金属アレルギーの心配がない

・錆びる事もなく、長期的に審美性が保たれる

・歯肉の境目や回りの歯肉が黒くならない

・天然歯に近い透明感と輝き

・天然歯と同じ強度(ジルコニアは2~3倍)

 

以上の理由により、大木歯科医院では患者様にとってよりよい歯科治療サービスをご提案する意味でセラミック治療をおすすめしています。 

※グラフ値の引用について、京セラ材料特性表より引用しております。



セットしてから何年も経った銀歯の中身
その他のコラム